任意整理と自己破産の違い

債務整理には色々な種類があり、その方法は夫々異なっています。数ある債務整理の方法の中でも、任意整理と呼ばれる方法の場合、自己破産や民事再生といった他の債務整理と大きく異なるところがあります。皆さんはそれがお分かりですか。任意整理が他の債務整理の方法と異なるところは裁判所を間に介さない点にあります。例えば上で例として挙げた他の債務整理手段は地方裁判所や簡易裁判所で行いますが、任意整理は裁判所で行うのではありません。任意整理は、裁判所を介するのではなく、あくまで私的に話し合いでまとめて解決していく方法といったらいいでしょう。その目的は他の債務整理の手段と同様、債務者の借金を減らし、原則として無利息で3年から5年程度の時間をかけて返済を目指していくことにあります。ちなみに任意整理においては実際に借金がどれぐらい減額されるかが注目ですが、それは借り入れた時期、金利、借入額、返済方法等によって異なってきます。任意整理は司法書士、或いは弁護士が依頼人の代理人となり、債権者との交渉に当たります。そうした話し合いを経て、借金を減額し無利息での返済を求めていきます。裁判所を介していませんから最も簡単な債務整理手段であると言えます。またこの任意整理には手続きが簡単であること以外に、もう一つのメリットがあります。皆さんはそれが一体何かお分かりですか。それは裁判所を介さないため周囲に知られることなく手続ができることです。そうした形態を望む人にとっては債務整理の数ある方法の中でもある意味最も適切で使い勝手の良い方法だと言えるでしょう。
任意整理という方法で債務整理を行う場合として、以下のような例を紹介しましょう。何度か紹介しましたが、利息制限法という法律があり、お金を貸す場合の利息の上限はこの利息制限法で定められています。これを超える利息は違法であり、払う必要のないものとされています。にもかかわらず消費者金融やクレジットなどでは、利息制限法の制限を超える高金利となっているケースが殆どです。言い換えればこうした金融機関の利用者は本来法律上では払う必要のない金利を借金の返済の際に支払っているということになります。ここで上記の任意整理を利用すれば、専門家が債務者の代理人となって交渉に当たってくれます。それにより今まで支払ってきた無効な金利分だけ借金を減らすことが出来、その後無利息で返済していくことが出来ます。もし皆さんがこのようなケースで苦しんでいるという場合、債務整理の手段の一つとしてこの任意整理を検討されてみてはいかがでしょうか。

また司法書士、弁護士に代理人を依頼した場合には、別に大きなメリットがあります。その最大のメリットは何といっても、司法書士、弁護士に依頼した時点で債権者の取立てが一切なくなるという点です。皆さんもテレビなどで、債権者、或いは債権者に依頼された取立て業者が債務者に対して過酷な取立てを行っているのを見たり聞いたりしてご存知かもしれません。残念なことですが、こうした悪徳な取立て手段が現実社会で横行しています。司法書士、弁護士に依頼すればこのような取立て行為が制限されますが、果たしてそんなことはあるのかと、任意整理に詳しくない私たちは疑ってしまうかもしれません。ですがこの点に関してはきちんと法律で定められており、これに違反した債権者には、厳しい処罰が金融庁より下される事になります。従って債務を抱えている人にも安心です。

おすすめWEBサイト 5選

ケータリングを大阪市北区で依頼する

2017/7/27 更新